ANTARES' HSP Help
03.10.30〜カウンタ

動作環境
  • Windows95/98/XP
  • HSP Ver. 2.5〜2.61(2.5ではHSP Help Toolsが必要)
特長
  • ツリービューによる目次が表示できます。
  • ヒストリー機能があります。
  • HSP2.55以降に同梱のHSPヘルプマネージャに置き換えることができます(HSP Help Toolsがあれば、HSP2.5でも使えます)。
  • HSP標準エディタのワンキーヘルプに対応しています。
  • マクロが使えるエディタでマクロを書けば、ワンキーヘルプが実現できます。
  • %groupのほかに%subgroupをサポートしています。
  • %typeがオリジナルよりも細かくなっています。
  • 標準命令の分類がオリジナルよりも細かくなっています。
  • フリーソフトウェアです。
  • ソースを同梱しています。
  • HSPで開発されているため、手軽に改造することができます。

スクリーンショット
ANTARES' HSPヘルプ Ver. 1.05のダウンロード(251kバイト)
WzEditor用マクロ Ver. 1.01(3kバイト)
WzEditorでANTARES' HSPヘルプやANTARES' HSPコンパイラを簡単に使うためのマクロです。

改版履歴
Ver. 1.05  06.08.29
  • 命令削除ログ(通常は出力されない)で、タイプが誤っている場合があったのを直した
  • タイプが誤っているようなので変更してよいか質問するダイアログで、現在のタイプと変更後のタイプを表示するようにした
  • 見つからないキーワードを指定して起動し、目次ボタンや分類切替ボタンをクリックすると、何度もキーワードが見つからないというダイアログが表示されるのを一度しか表示されないようにした
Ver. 1.04  05.06.19
  • キーワードを指定して起動したとき、詳細表示ができないのを直した
  • i_sysvar.ehs(i_sysvar.hs)のhspverの説明に2.5以降の値を追加した
  • makehs.exeでファイルがダブルクォートで囲まれている場合に対応した
  • 目次を表示していないとき、hsファイルが正しく表示されないのを直した
  • ユーザープラグイン・ユーザーモジュール・ユーザーマクロのヘルプがないとき、エラーストップしていたのを直した
Ver. 1.03  04.12.11
  • hsファイルを更新したとき、タイプが見つからないというエラーが出るのを直した。
Ver. 1.02  04.12.10
  • 解説未表示状態で「詳細」ボタンをクリックした場合の動作を変更した
  • 関連項目を選択するとエラーストップする場合があったのを直した
  • HSP以外のヘルプでタイプの修正が反映されないのを直した
  • HSP以外のヘルプでmakehs実行時、anhshelpが誤ったパスのhsファイルを読もうとするのを直した
  • makeup.hs(makeup.ehs)に「資料−DLL作成関連−VRAMの書き込み」を追加した
  • ワンキーヘルプ二重起動時にエラーストップするのを直した
Ver. 1.01  04.10.24
  • 関連項目のバッファがオーバーフローする場合があったのを直した
  • 「更新」ボタンを追加した
  • 説明に「%href」以下が表示される場合があったのを直した
  • 「詳細」ウィンドウを表示しているとき、別の命令をパラメータとして起動すると各ウィンドウが隠れるのを直した
  • makecont.exeで、修正・追加されたファイルの情報のみ更新するようにした(削除されたファイルがある場合は全更新)
  • 細かいバグをとった(解説の一部がパラメータ部に表示される等)
  • 同名項目は命令名でなくhsファイル名を表示するようにした
  • 見本ボタンを削除して見本は解説に表示するようにした
  • 起動時、ワンキーヘルプでなければmakecont.exeを実行するようにした
  • ユーザーモジュール・ユーザーマクロをファイル名で分類するようにした
  • 「分類切替」ボタンを設けた
  • ツリービューで項目をクリックすると+-ボタンクリックと同じ動作になるようにした
  • hsp以外のヘルプも表示できるようにした
  • %instおよび%sampleにおける「^」「^p」を概ねhsphelp.txtに準拠する動作にした
  • anhshelp.conにバージョンを記録し、バージョンが異なる場合は削除して再作成するようにした
Ver. 1.00  03.10.30
  • 初公開

ホームページ HSP